出産後の贅肉みんなどうしてる?緊急アンケート

出産後のお腹のお肉はこうして落とそう

出産後贅肉1
誰でも女性はいつまでもきれいでいたいもの。
子供を産んでからも一人の女性として魅力的でいたいですよね。しかしながら出産というのは大仕事。妊娠や出産の過程で体重は大きく変化し、気づけば以前より太っていたなんてこともめずらしくないでしょう。

 

出産前後で一番変化があるのはやはりお腹ではないでしょうか。

妊娠中は大きくはったお腹。

出産後に落ち着いてから見てみるとぽっこりとズボンの上にのっている脂肪。

出産後贅肉2
いつの間にやらお肉ちゃんがついてしまっているようです。さてさてこのお肉をどうやってなくしていきましょうか。

 

まずは基本ですが、過度な食事制限はやめましょう。

産後は普通のダイエット感覚で食事制限をするのは好ましくありません。というのも産後は赤ちゃんへの授乳があるので基本的には食べても体重が増えにくいです。
出産後贅肉3
むしろ授乳でお腹がすぐ減るし、それで食べても思ったより体重も増えません。自分と赤ちゃん、二人分の栄養を摂らなければいけないのですから食事はしっかり食べましょう。赤ちゃんの健康のためにもです。

 

ではどうやってお腹のお肉を落としましょう。

まずはできることからやっていきます。

産後しばらくして落ち着いたら家事に復帰しましょう。


洗濯や炊事など、しっかりこなせば以外と運動になります。このときにポイントなのがしっかり立ち、しっかり歩くことです。
出産後贅肉4
しっかり立ってしっかり歩くとはお腹や背筋に適度に力を入れて良い姿勢で立ったり歩いたりするということです。立つことも歩くことも日常は当たり前すぎて意識しませんが、実際にきれいな姿勢で立つ歩くというのは普段できていないぶん意外と腹筋や体力を使うのです。。その状態で炊事洗濯をこなすと思った以上に運動をしたような疲労感を感じることに気づくでしょう。もし可能なら赤ちゃんを抱っこひもなどでおんぶしながら家事を行えばなお運動になるでしょう。

 

むっちりお尻と太もも。下半身が関取になった!!

35歳の新米ママです。2人目の出産の後、すごく太りましたね。

最初の子を産んで太って、2人目でどーんと激太りしました。

妊娠中は家でゴロゴロしていることが多くて、テレビやネットの動画見ながら、フルーツやオニギリなど食べていました。
つわりは軽い方だったので、食べ物の臭いで気持ち悪くなることはたまにしかなかったです。
出産後贅肉5
仕事してない、妊娠中、栄養あるもの食べて元気な赤ちゃんを産みたい。美味しいもの沢山あんだけ食べれば太りますね。妊娠前50キロが、一人目出産後55キロ、2人目出産後で63キロ。旦那には「ちょいポチャどころじゃないぞ」とあきれられました。
70キロいったら、もうこれは膝にきますね。

 

服も、買い換えました。
しまむらとかの安い服でいいんです。子供の世話でどうせ汚れるからいいんです。
どこに肉が付いたかというと、太ももとお尻ですね。ぱつんぱつんで、ジーンズのファスナーあがらないんです。
あ、あれっ、おかしいなあ。
母に言われました。
「ちょっと痩せないと、まずいよ。これ以上太ると、成人病になるよ」
子供たちのためにも、健康のためにも痩せるべきだって分かっているんです。
出産後贅肉6
でも、子育てってストレス溜まりますよね。ガツガツ食べてしまって、全然体重が減らない。
子供が幼稚園に上がる前には、10キロ減らしたいです。

デブ母だと子供が幼稚園で恥ずかしい思いをするかもと。

「お母さん、おすもうさんみたい」なんて言われた日には、もう号泣します。
出産後贅肉7
3人目の予定はないので、ここらで覚悟決めて元に近い体重に戻すしかないです。
旦那にも愛想つかされそうですし。
こないだ気が付いてんですけど、どすーんどすーん、どすこーいって大股で歩いていて、自分でも「女」終わっていると思いました。このままではヤバイので、まずは腿と尻の肉を筋肉を引き締めるスクワットの筋トレから始めます。家でも時間さえあればできますから。

知らず知らずのうちについてしまったお尻と太もものお肉。ながら運動でお肉とさようなら!

25歳で初産を経験し、現在1歳の息子がいます。

私が出産後に一番びっくりしたお肉は、お尻から太ももにかけてついていた事です。

出産後贅肉8
おなかにお肉がつくのは、なんとなく周りから聞いた事もあると思いますが、おなかにしか赤ちゃんがいないのにお尻から太ももにかけて太っていくなんて本当にびっくりしました。

 

出産のときに骨盤を開いて赤ちゃんが出てくるから、すぐに骨盤ベルトで締めるなどしてケアをしていかないと骨盤が開いた状態でお肉が付いていくと聞きすぐに締めました。
出産後贅肉9
しかし骨盤は締めてもなんだかお尻がたるんでいるように感じ、そして太ももはこんなに太かったかなと感じました。
出産前と同じジーパンを履いてもやっぱり若干なのですが、パツパツに思えて恥ずかしいです。

 

きっと妊娠後期となればおなかも出ているので、足元(特に太もも)は自然と見えなくなるから気にしなくなるのではないかなと思います。
そんなお尻から太ももにかけて太ってしまった分だけでも引き締める方法として、筋トレやエステに行って出来れば良いのですが、出産前のママはそんな時間はないので実践しやすいながら運動です。

 

お料理する時や抱っこしている時など立っている時に、お尻の穴を締めるイメージで内ももをくっつけるように力を入れることです。

ほんの少しするだけでも意外とキツく、慣れるまでは効いている場所が実感出来ると思います。
出産後贅肉10
それほど即効性があり、時間のないママでも意識するだけで少しずつでも引き締まってきます。
「ミルクを作っている間だけ」と決めても良いかもしれないですね。

 

抱っこしている時に歩き回るのも疲れることもあると思いますが、そんな時は抱っこしたまま内ももに力を入れながらつま先立ちで上がったり下がったりを繰り返すと、効果はお尻と太もも以外にもふくらはぎにも出てきます。

 

そしてその上下の動きは赤ちゃんにとっては歩いている時の振動と似ているので、ながら運動している間に赤ちゃんも眠ってしまうかもしれません。
何事も続けなければ効果は得られないので、「何かの作業のときに一緒にする」と決めて、ゆるくしていくことで少しずつ解決していくと思います。

妊娠時に使ってた妊娠線クリームで、マッサージを!

妊娠時に、妊娠線予防として愛用していたクリームを、出産後も使ってます!
それで、贅肉をひたすらモミモミ… リンパに流してマッサージ。

 

これを続けるとなんとか引き締まる気がします!^^

 

私が参考にしたサイト→参考売れてる妊娠線クリームを比較してるサイト